【MLB】若手有望株が衝撃のメジャーデビュー ノビ、キレある直球に「新しいエース」

【MLB】若手有望株が衝撃のメジャーデビュー ノビ、キレある直球に「新しいエース」

衝撃のメジャーデビューを果たしたマイケル・コペック【写真:Getty Images】

2回3安打無失点と上々のメジャーデビューを飾ったマイケル・コペック

 ホワイトソックスの有望株マイケル・コペック投手が衝撃のメジャーデビューを果たした。21日(日本時間22日)の本拠地ツインズ戦に先発し2回3安打4奪三振無失点。マイナーで最速169キロを計測した剛腕をMLB公式ツイッターは「今夜、マイケル・コペックのえげつなさを初めて目撃した」と動画を交え伝えている。

 22歳の若き右腕の直球、変化球は見るもの全てに衝撃を与えた。98マイル(約158キロ)の速球は驚異のノビ、キレを見せミットに収まり、81マイル(約130キロ)のカーブは縦に大きく変化。同ツイッターが動画を公開するとファンからは歓喜の声が上がった。

「シスター・メアリー・ジョーが投げ方を教えたに違いない!」

「ブレーブスの投手プロスペクトの誰よりも良い」

「セールより断然良い」

「次のクリス・セールを見ているのかな?」

「やっと制球力のある投手が加わった」

「えげつない…」

「あの直球! コペックは本物だ!」

「やっと彼が昇格してとても嬉しい! 彼が大好き!」

「僕たちの新しいエース」

「なんてこった!」

「彼の未来は明るい」

「コペック>カーショー」

 コペックは2014年にMLBドラフト1巡目(全体33位)でレッドソックスに入団。2016年にクリス・セールとのトレードでホワイトソックスに移籍した若手有望株だ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)