【MLB】大谷翔平、2試合連続ベンチスタート 平野佳寿とメジャー初対戦なるか

【MLB】大谷翔平、2試合連続ベンチスタート 平野佳寿とメジャー初対戦なるか

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

Dバックス先発は右腕バックホルツ

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ダイヤモンドバックス戦で2試合連続でスタメンを外れた。ナ・リーグ本拠地での試合のためDH制は採用されず、ベンチから出場機会をうかがう。

 前日もベンチスタートとなった大谷は、7回に代打としてネクストバッターズサークルに控え、ダイヤモンドバックス平野佳寿投手との対戦が実現するかと思われたが、直前にダグアウトに呼び戻されて実現せず。8回に代打出場するも、中飛に倒れた。

 ダイヤモンドバックスの先発は右腕クレイ・バックホルツ。今季は12試合に先発し、6勝2敗、防御率2.47の成績を残している。

 両チームのスタメンは次の通り。

○エンゼルス

1(右)カルフーン
2(二)フレッチャー
3(一)プホルス
4(遊)シモンズ
5(捕)リベラ
6(三)ワード
7(左)ブラッシュ
8(中)ヤング
9(投)デスパイネ

○ダイヤモンドバックス

1(中)ポロック
2(三)エスコバル
3(左)ペラルタ
4(一)ゴールドシュミット
5(二)デスカルソ
6(右)ソウザJr. 
7(遊)アーメド
8(捕)アビラ
9(投)バックホルツ(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)