【女子W杯】硬式経験4年、異色の右腕が6回零封 指揮官は期待「早く大黒柱になって」

【女子W杯】硬式経験4年、異色の右腕が6回零封 指揮官は期待「早く大黒柱になって」

侍ジャパン女子代表・谷山莉奈【写真:Getty Images】

橘田監督が「秘密兵器」と呼ぶ右腕・谷山

 第8回WBSC女子野球ワールドカップが22日(日本時間23日)、米国フロリダのUSSSAスペース・コースト・コンプレックスで開幕。侍ジャパン女子代表はオープニングラウンド第1戦でドミニカ共和国を8-0で破った。

 “開幕投手”に指名された谷山莉奈投手(埼玉アストライア)が、6回を投げて3安打9三振零封と好投。橘田恵監督が「秘密兵器」と呼ぶ右腕が、国際大会デビュー戦で期待通りの仕事をした。

「なかなかリズムがつかめず、守備から流れを作れなかったです」と真っ先に反省を口にした谷山だが、結果は文句なしだ。慣れない硬いマウンドにも「力加減と足のつき方は後半ちょっとずつつかめました」と徐々にアジャストしていった。

 直球の球速は115キロ前後ながら、カーブ、スライダー、シンカーを操り、抜群の制球力を誇る。プロ3年目の昨季、防御率1.59でタイトルを獲得した期待の星。指揮官は「ここ1、2週間バランスが崩れて不安があったようなので、早く不安を取り除いてあげたかった。1日でも早く大黒柱になってもらいたいので、先に先発して準備をさせたかった」と開幕戦を任せた狙いを明かす。大舞台で好投した谷山は「いい意味で消化できました。自信を持って次の試合に投げたいです」と吹っ切れた表情だ。

エース里も称賛「次につながる試合」

 初の国際大会で感じたことは多かった。「うまく割り切って腕を振った時は良かったので、気持ちの余裕を作っていけたらなと思います。あとは要所要所でギアを上げられるように。全部100%よりも警戒するバッターにいって、あとはテンポ良くいけたらなと。いい意味での開き直りと大胆さが必要というイメージがつかめました。チームにも共有していきたいです」

 今大会は10日間で9試合を消化するハードな日程。「少ないピッチャーで球数も少なくいけば、後々楽になるので」と完投を目指していたが、最終7回は14年、16年と2大会連続MVPを獲得しているエースの里綾実投手(愛知ディオーネ)にマウンドを譲った。

 その里は「自分も初戦を経験したことがありますが、難しいもの。谷山選手はしっかり投げてくれたし、6回は内野ゴロが出て、日本のいいイメージが出せたと思います。次につながる試合」と、重圧に負けずに流れを作った谷山を称賛した。

 春日部女子高時代はソフトボール部、日体大時代は女子軟式野球部に所属していた谷山。硬式ボールを握って、まだ4年という異色の右腕が、里と並ぶ2枚看板となり、チームを牽引していく。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)