【MLB】大谷翔平、代打で詰まりながらも中前打 右腕バックホルツからヒット

エンゼルス大谷翔平がダイヤモンドバックス戦に代打出場し三遊間を抜けるヒット放つ

記事まとめ

  • エンゼルス大谷翔平が22日(日本時間23日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に代打で出場
  • 3点を追う6回に打席に立つと、右腕クレイ・バックホルツ相手に三遊間を抜けるヒット
  • 敵地での交流戦のため、大谷翔平は2試合連続のベンチスタートとなっていた

【MLB】大谷翔平、代打で詰まりながらも中前打 右腕バックホルツからヒット

【MLB】大谷翔平、代打で詰まりながらも中前打 右腕バックホルツからヒット

6回に代打で登場しセンター前ヒットを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

2試合連続ベンチスタートも2戦ぶりに安打

 エンゼルス大谷翔平投手が22日(日本時間23日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に代打出場し、中前打を放った。

 敵地交流戦のため、2試合連続でベンチスタートとなった大谷に代打チャンスが回ってきたのは、3点を追う6回だった。投手の代打として先頭で打席に立つと、メジャー87勝右腕のクレイ・バックホルツと対戦。初球チェンジアップ、3球目ツーシームにバットが空を斬ったが、カウント2−2から6球目90.7マイル(約146キロ)内角ツーシームにバットを合わせ、三遊間を抜ける中前打とした。

 詰まった打球で見事出塁したが、続くカルフーンが遊ゴロで、大谷は二塁で封殺された。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)