ロッテ成田が1軍合流 同郷の金足農・吉田の活躍に「非常に嬉しかった」

ロッテ成田が1軍合流 同郷の金足農・吉田の活躍に「非常に嬉しかった」

ロッテ・成田翔【写真:荒川祐史】

秋田商時代は夏の甲子園で母校を80年ぶりのベスト8に導いた

■ロッテ – 西武(23日・ZOZOマリン)

 ロッテの成田翔投手が23日、1軍に合流した。チェンが先発に回り、中継ぎ左腕不足のロッテにあって、3年目の成田に白羽の矢が立った。

 今季1軍では2試合に登板。2回0/3を投げ被安打1、防御率は0.00の成績を残している。この日に登録されることはなかったが「下(2軍)でもずっと中継ぎをやってきた。左打者には打たれないようにしたい。外中心の配球になると思うが、インコースも見せながら投げたい。先輩の松永さんにも色々聞いて、勉強したい」と意気込んだ。

 秋田出身で秋田商業時代には夏の甲子園で母校を80年振りのベスト8に導いた。今夏の甲子園、最大のヒーローは同じ地元秋田の金足農・吉田輝星投手。「秋田出身の選手で、他の県から集めた選手じゃない。非常に嬉しかった。自分もしっかりやらなきゃの気持ちになった」と刺激を受けた様子だった。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)