ソフトバンクが怒涛の6連勝で2位浮上! 8回に今宮が決勝2点タイムリー

ソフトバンクが怒涛の6連勝で2位浮上! 8回に今宮が決勝2点タイムリー

8回、2点タイムリーを放ったホークス・今宮健太【画像:(C)PLM】

日本ハムは東大卒ルーキー・宮台がプロ先発も4回2/3、4安打2失点

■ソフトバンク 6-2 日本ハム(23日・東京ドーム)

 ソフトバンクは23日、東京ドームで行われた日本ハム戦を6-2で勝利し6連勝を飾った。同点で迎えた8回に今宮が中越え2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功した。

 ソフトバンクは2回に日本ハム先発のルーキー宮台から西田、牧原が連続タイムリーを放ち2点を先制。5回、6回に1点を奪われ同点に追いつかれたが、8回に2死一、二塁から今宮の中越え2点タイムリーで勝ち越しに成功。さらに一、二塁から柳田も2点タイムリーを放ちこの回一挙4点を奪った。

 日本ハムは東大卒ルーキー・宮台がプロ初先発を果たしたが4回2/3、4安打2失点で降板。1967年の井出峻(中日)以来、51年ぶりの東大卒勝利はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)