【女子W杯】2戦連続マルチで日本を牽引する19歳捕手 指揮官も絶賛「何か持っている」

【女子W杯】2戦連続マルチで日本を牽引する19歳捕手 指揮官も絶賛「何か持っている」

2戦連続となるマルチ安打で勝利に貢献した侍ジャパン女子代表・緒方佑華【写真:Getty Images】

緒方は初戦で3安打1打点、香港戦でも2安打3打点と大暴れ

 第8回WBSC女子野球ワールドカップ(米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表は23日(日本時間24日)、オープニングラウンド第2戦で香港と対戦。23-0の5回コールドで2連勝を飾った。

 初戦のドミニカ共和国戦に続き、大暴れしたのは19歳の緒方佑華捕手(履正社RECTOVENUS)だ。「5番・捕手」で先発出場すると、初回相手バッテリーミスで2点を奪った後の1死二塁で中前適時打を放った。3回2死一、二塁の好機には左中間を破る2点滴時二塁打。4打数2安打3打点をマークした。

 ドミニカ共和国戦ではポテンヒット2本を含む3安打1打点でラッキーガール的な存在だったが、この日はバットを振り切り、ライナーで弾き返した。「昨日は振り遅れてフライを上げてしまいましたが、今日は強い打球を打てて良かったです」と初々しい笑顔を見せた。

 橘田恵監督は「何か持っているものがありますね。本当によく打って、苦しいところを助けてくれている」と自チームの教え子でもある右打者を頼もしそうに見つめた。

昨年9月のアジアカップでは11打数8安打7打点で大会MVP

 ワールドカップは初出場だが、国際大会では実績がある。オール高校生で臨んだ昨年9月のアジアカップで4試合に出場して11打数8安打7打点と大活躍して大会MVPに輝いた。「去年もそうでしたが、国際大会は打てる気がするんです」と緒方はサラリと言う。フル代表入りして、日の丸をさらに重く感じながらも「試合に入れば緊張せずに集中できる」というメンタルの強さが持ち味だ。

「でも、試合前は夢にも出てくるくらい緊張しているんです」と付け加えた緒方。前夜はベンチで一人で泣いている夢を見たという。この日の対戦相手の香港とは昨秋のアジアカップで対戦。2-0で勝ったものの、苦戦した。「その時の思いがあったから、焦っている夢を見たのかもしれません。今日はしっかり慎重に入りました」と笑った。

 この2試合で8打数5安打4打点と大当たり。「しっかり自分のスイングができているので、この調子をキープしたいです」と力強い。次の第3戦では強豪・カナダに挑む。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)