昨年の“レギュラー”は何人残った? 規定打席で見る各チームの動向【パ編】

昨年の“レギュラー”は何人残った? 規定打席で見る各チームの動向【パ編】

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

強力打線の西武は全体的に数字を上げている

「規定打席」は、打率や長打率、出塁率など、打者の「率」を評価する基準となる数だ。現在はNPB、MLBともに「試合数×3.1」となっている(マイナーリーグは異なる)。端的に言えば、規定打席到達者は「レギュラー選手」ということになろう。

 規定打席以上の選手の数、そして成績は、チーム状態と密接に関係がある。今年と昨年の各球団の規定打席以上の選手の成績を比較しよう。パ・リーグ 2018年は8月23日時点、2017年は最終成績。位は打率順位。

〇ソフトバンク
2018年5人
柳田悠岐 100試369打130安26本77点19盗 率.352・1位
中村晃 99試369打107安11本44点1盗 率.290・9位
松田宣浩 106試387打102安24本61点2盗 率.264・18位
上林誠知 106試416打108安17本48点10盗 率.260・19位
デスパイネ 99試344打82安25本62点0盗 率.238・24位

2017年6人
柳田悠岐 130試448打139安31本99点14盗 率.310・2位
中村晃 143試511打138安6本42点3盗 率.270・12位
今宮健太 141試526打139安14本64点15盗 率.264・17位
松田宣浩 143試531打140安24本71点5盗 率.264・18位
デスパイネ 136試478打125安35本103点3盗 率.262・19位
上林誠知 134試415打108安13本51点12盗 率.260・20位

 ソフトバンクは1人減って5人に。他の顔ぶれは前年と同じだが、現在は復帰したが守備の要の今宮が故障で戦線離脱したのが痛い。新戦力が育っていないのも気になるところだ。

〇西武
2018年6人
秋山翔吾 109試456打148安18本61点10盗 率.325・2位
浅村栄斗 109試446打137安25本94点3盗 率.307・4位
森友哉 102試361打109安14本68点5盗 率.302・6位
外崎修汰 109試410打116安18本65点24盗 率.283・11位
山川穂高 109試415打116安36本95点0盗 率.280・12位
源田壮亮 109試455打124安1本42点30盗 率.273・14位

2017年5人
秋山翔吾 143試575打185安25本89点16盗 率.322・1位
浅村栄斗 143試574打167安19本99点5盗 率.291・6位
源田壮亮 143試575打155安3本57点37盗 率.270・13位
外崎修汰 135試438打113安10本48点23盗 率.258・22位
中村剛也 115試415打90安27本79点1盗 率.217・26位

 1人増えただけだが、全体にパワーアップしている。働き盛りの秋山、浅村に加えて昨年後半にブレークした山川が本塁打、打点の2冠を狙える勢いで外崎も打率、本塁打ともに上昇。また若手の森が久々にフルシーズン働いている。中村剛也は規定打席に達していないが、8月は好調。

楽天は助っ人トリオの不振が響く

〇楽天
2018年3人
今江年晶 101試356打97安9本44点0盗 率.272・15位
銀次 106試364打98安3本38点1盗 率.269・16位
茂木栄五郎 100試361打89安7本24点12盗 率.247・23位

2017年6人
茂木栄五郎 103試398打118安17本47点3盗 率.296・3位
銀次 143試529打155安3本60点2盗 率.293・5位
ペゲーロ 120試463打130安26本75点3盗 率.281・8位
ウィーラー 142試542打147安31本82点7盗 率.271・11位
島内宏明 143試494打131安14本47点3盗 率.265・16位
アマダー 121試417打99安23本65点0盗 率.237・24位

 チーム状態をはっきり反映しているのが楽天。昨年は史上初めて3人の外国人打者が規定打席に到達し、強力打線を形成したが、今季は3人とも規定打席未達。ベテランの今江が楽天に移籍後初めて規定打席に達しているが、打線のパワーダウンは明らかだ。

〇オリックス
2018年4人
吉田正尚 112試403打123安21本73点2盗 率.305・5位
ロメロ 88試336打80安18本45点6盗 率.238・25位
大城滉二 100試313打74安4本23点10盗 率.236・26位
安達了一 109試354打73安3本35点13盗 率.206・28位

2017年3人
中島宏之 124試431打123安9本49点0盗 率.285・7位
小谷野栄一 130試470打130安6本47点0盗 率.277・9位
T-岡田 143試504打134安31本68点2盗 率.266・15位

 フレッシュな顔ぶれに一新した。ベテラン移籍組の中島、小谷野に代わって期待の吉田正が初めてフルシーズン出場し、3割をキープし相変わらずの長打力を見せつけている。若手の大城も規定打席に到達。T-岡田の故障は気がかりだが、期待の持てる打線になりつつある。

ロッテは井上、中村が好調で打線を牽引

〇日本ハム
2018年4人
近藤健介 96試346打112安9本56点4盗 率.324・3位
中田翔 109試421打116安22本88点0盗 率.276・13位
西川遥輝 108試413打109安9本43点29盗 率.264・17位
レアード 104試388打91安23本55点0盗 率.235・27位

2017年5人
西川遥輝 138試541打160安9本44点39盗 率.296・4位
松本剛 115試402打110安5本33点6盗 率.274・10位
大田泰示 118試427打110安15本46点5盗 率.258・23位
レアード 137試503打115安32本90点0盗 率.229・25位
中田翔 129試472打102安16本67点0盗 率.216・27位

 1人減って4人になった。しかし昨年前半4割を打った近藤が、故障をしながらも規定打席入り。中田も好調。前半戦は「恐怖の2番」として活躍した大田泰示だが、7月8日に死球を喰らって戦線離脱。復帰間近だが、残り試合をフル出場すれば最終的に規定打席到達の可能性もある。

〇ロッテ
2018年6人
井上晴哉 97試340打100安19本73点1盗 率.294・7位
中村奨吾 107試406打119安5本49点28盗 率.293・8位
荻野貴司 78試317打91安2本25点20盗 率.287・10位
鈴木大地 107試361打93安2本29点8盗 率.258・20位
田村龍弘 107試329打82安3本28点3盗 率.249・21位
藤岡裕大 107試414打103安5本37点13盗 率.249・22位

2017年2人
角中勝也 110試383打103安8本44点6盗 率.269・14位
鈴木大地 143試508打132安11本52点6盗 率.260・21位

 昨年は開幕直後から最下位に沈み、そのまま浮上しなかったロッテ。規定打席到達も角中と鈴木の2人だけだったが、今季は6人。井上、中村と期待の若手がようやく育ってきた。ただ荻野は右手中指を骨折し、7月10日に登録抹消。9月の復帰が予定されているが、このままでは規定打席から外れる。一方で主軸の角中はあと少しで規定打席に到達する。そうなると6人の体制は変わらない。

 規定打席入りの人数だけではなく、若手への新陳代謝が進んでいるチームが前年より好調だということがわかる。残り試合で、この顔ぶれはどこまで変化するだろうか。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)