「ミサイル打線」の名脇役・八田正氏を振り返る 大毎、阪急などで活躍

「ミサイル打線」の名脇役・八田正氏を振り返る 大毎、阪急などで活躍

八田正氏のこれまでの成績

遊撃、二塁で堅実な守備を見せ、シュアな打撃が売りだった

 1960年代、大毎オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)の「ミサイル打線」で2番、6〜7番を務め渋い活躍をした八田正氏が死去した。81歳だった。

 八田正氏は長嶋茂雄、野村克也らの1学年下。今夏も甲子園に出場した徳島県の鳴門高校から大映スターズに入団。大映スターズは1955年に高橋ユニオンズと合併して大映ユニオンズとなり、1958年には毎日オリオンズと合併し、毎日大映オリオンズ(略称大毎オリオンズ)となったが、八田は1959年に初めて規定打席に到達。遊撃手、のちには二塁手として堅実な守備を見せるとともに、シュアな左打者として活躍した。

 大毎オリオンズの売りは「ミサイル打線」。「安打製造機」榎本喜八、「シュート打ちの名人」山内一弘、「長嶋茂雄の3冠王を阻止した男」田宮謙次郎とのちに殿堂入りする3人の強打者を中核に、葛城隆雄、柳田利夫、矢頭高雄と強打者が打線に並んだ。1962年から72年までのオリオンズの本拠地は、史上最も本塁打が出やすかったと言われる東京スタジアム。投手力には目をつぶり、打線の力で勝ち抜く「打高投低」のチームだった。

 八田は、当時としては珍しい右投げ左打ち。1番・榎本の次の2番、中軸の後の6番、7番が定位置。しかしバントなどは多用せず、打って出る積極的な打者だった。足も速く、20盗塁を記録したこともある。3割はマークしたことはないが、.270前後の打率で、しばしば殊勲打を打った。強力打線にあって、相手投手には厄介な存在だったと言えよう。

通算成績は1549試合4373打数1148安打56本塁打360打点117盗塁、打率.263

 当時のNPBには10年選手制度があった。10年間主力選手として活躍した選手は球団からボーナスを受け取るか、自由に移籍することができる権利を有した。今のFAに近い制度といえる。八田は1967年オフに10年選手になったが、球団がボーナスの支払いを拒否したため、1968年に阪急ブレーブスに移籍。10年選手制度は1964年の金田正一を最後に適用された選手がおらず、有名無実化していた(1975年に廃止)。

 移籍後は代打が多かったが、古巣のオリオンズ(当時ロッテ・オリオンズ)に強く、オリオンズ戦だけはスタメン起用されることも多かった。

 1971年限りで引退。通算成績は1549試合4373打数1148安打56本塁打360打点117盗塁、打率.263。地味な存在だったために、オールスター戦には一度も選出されていない。1000本安打以上打って、球宴に一度も出ていない選手は13人いるが、安打数でいえば、八田はレオン・リー(1436安打)、佐野仙好(1316安打)後藤光尊(1265安打)河野旭輝(1213安打)についで5位に当たる。引退後は阪急、オリックスでスコアラー、編成として活躍した。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)