鷹・柳田、豪快2ラン 体勢崩されながらも驚異の飛距離「上手く芯で打てた」

鷹・柳田、豪快2ラン 体勢崩されながらも驚異の飛距離「上手く芯で打てた」

3回、27号勝ち越し2ランを放ったホークス・柳田悠岐【画像:(C)PLM】

西武菊池から勝ち越しの27号

■ソフトバンク – 西武(24日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が24日の本拠地西武戦で驚異的なホームランを放った。

 1-1の同点に追いつかれた直後の3回だ。1死一塁で打席に立つと、1ボールからの2球目、菊池の外角低めへのスライダーを捉えた。体勢は崩れていたが、打球はグングンと飛距離を伸ばし、バックスクリーン右の客席へと飛び込む。貴重な勝ち越し2ランとなった。

 柳田は「打ったのはスライダー。崩されましたが、上手く芯で打てました。追いつかれたすぐに点が取れて良かったです」とコメント。リーグ2位の27号2ランで、トップを独走する西武山川とは9本差となっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)