【MLB】平野佳寿、タフさ際立つ 地元メディアも絶賛「ワンダフルであり続ける」

【MLB】平野佳寿、タフさ際立つ 地元メディアも絶賛「ワンダフルであり続ける」

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

ナ西地区首位のチームはブルペンの調子が下降も…平野だけは数字が向上

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手はナ・リーグ西地区首位に立つチームで存在感を際立たせている。メジャー屈指の呼び声も高かったブルペンの同僚がオールスター明けに成績を悪化させる中、地元メディアは「防御率を向上させたのはヒラノだけ」と評価。“ルーキー右腕“について「ワンダフルであり続ける」と称賛している。

「プレーオフ争いの最終月でDバックスのキープレイヤーとなる5人」と特集したのはラジオ局「アリゾナ・スポーツ」電子版。ブルペンからはセットアッパーのアーチー・ブラッドリー投手を選出している。平野、クローザーのブラッド・ボックスバーガー投手とももに鉄壁のリレーを続けてきた右腕だ。

 特集では「ブルペン全員の名前を列挙できないので、ブラッドリーでいこう。昨年はメジャー最高のリリーバーの1人だったが、この1か月間は極めて苦しんでいる」と、セットアッパーのオールスター明けの不振を“問題視“。前半戦は防御率1.97と輝いたブラッドリーだが、7月20日のロッキーズ戦で6失点するなど安定感を欠いており、記事では過去13試合で防御率が7.71まで膨れ上がっていることも紹介している。

 そして、メジャー最多の30ホールドを誇るブラッドリーの失速で、ブルペン全体が閉塞状態を迎えたと指摘。7月20日までメジャー2位の救援防御率3.12を誇ったDバックスだが、そこからの救援防御率はメジャー17位の4.28まで悪化しているという。

7月20日からの約1か月で「ヒラノだけが防御率を向上させた」

 Dバックスのリリーバー陣にとって悪夢の1か月間となる中、唯一、成績を向上させた男がいる。それが平野だ。

 記事では「7月20日から8月23日の1か月強の対戦で防御率を見てみると、ヒラノだけが防御率を向上させた」と高く評価。7月20日までの防御率は2.20と優秀だったが、それ以降は防御率2.02とさらに向上させているという。これはブルペンで最高の防御率だと絶賛している。

 平野は今季28ホールドを記録。トップのブラッドリーに次ぐ、メジャー2位という堂々たる成績を残している。
 
「ヒラノはワンダフルであり続けている。マクファーランドは状況に応じた出番で信頼できる。しかし、アリゾナは今シーズンの大半で示してきたブルペンの自信を取り戻す必要がある」

 メジャー1年目で圧巻のピッチングを見せる平野。タフな右腕への地元メディアの評価もうなぎ上りの様子だ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)