鷹・柳田、崩されても驚異の飛距離 2ランは「もう1回やれと言われても無理」

鷹・柳田、崩されても驚異の飛距離 2ランは「もう1回やれと言われても無理」

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

値千金の決勝2ラン、驚きの飛距離は「雄星の球が速かったから」

■ソフトバンク 3-2 西武(24日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの柳田悠岐が24日の西武戦で芸術的な一撃を放った。同点にされた直後の3回裏、菊池雄星の変化球に少し泳ぎながらも、バックスクリーン横まで運ぶ勝ち越し2ランだ。

 いつものフルスイングとは一味違う一打だった。1ボールから菊池が投じた外のスライダーにタイミングを外されながらもバットに乗せた。打球はグングンと伸びて、バックスクリーン横に着弾。打球を見送った秋山翔吾も、ただ驚くしかなかった。

 打った瞬間は「もしかしたら入るかなと思った」という柳田。「雄星の球が速かったから、飛んでいったのかなと思います」と柳田流の気遣いも。「難しい球やったと思います。もう1回やれと言われても無理」と報道陣を笑わせながら「あの打席はたまたま対応できました」と謙遜気味に語った。

 足への負担を減らすため2試合前から指名打者での出場が続いているが「しっかり準備して打席に入るように心がけています。(首脳陣が)気を遣って試合で使ってもらっているので、それをしっかりと結果で返していけたらと思います」という。

 体勢を崩されてもパワーで運んだ一発。ホームランバッターが多い西武を相手に、鷹の強打者が意地を見せつけた一打でもあった。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)