ロッテおもてなしプロジェクト7月月間表彰、山室社長「おもてなしをしマクレ」

ロッテおもてなしプロジェクト7月月間表彰、山室社長「おもてなしをしマクレ」

ロッテ・二木や山室社長も出席した「おもてなしプロジェクト」月間表彰式【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

球場でよりよい接客対応を行ったクルー、職員を表彰

 ロッテは25日、2018年7月のおもてなしプロジェクト月間表彰を行った。

 ZOZOマリンスタジアムにてクルー、職員がよりよい接客対応を行う意識向上を目的に行う表彰は、2015年より月1回行われている。2018年4度目となる今回は、警備クルー1名、案内クルー1名、飲食クルー2名、ストアクルー1名、サンプリングクルー1名、清掃クルー1名、ボランティアクルー1名、インターン1名の9名が表彰され、表彰式では二木康太投手から表彰状と観戦チケット、サイン色紙がプレゼントされた。

 同じく表彰式に出席した山室晋也社長は「クルーの皆様のおもてなしにファンの方々も非常に満足をしていただいています。チームもまだまだこれから。『マクレ』のスローガンの通り、これからが本当の『マクレ』です。勝ちマクレ。おもてなしをしマクレでいきたいと思います」とコメントした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)