【女子W杯】日本が無傷3連勝 世界2位カナダに競り勝つ 橘田監督「里が大黒柱らしく…」

【女子W杯】日本が無傷3連勝 世界2位カナダに競り勝つ 橘田監督「里が大黒柱らしく…」

侍ジャパン女子代表・橘田恵監督(中央)【写真:Getty Images】

7回を無失点に抑えた田中も称賛「緊迫した場面で…」

 第8回WBSC女子野球ワールドカップ(米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表は24日(日本時間25日)、オープニングラウンド第3戦で世界ランク2位のカナダと対戦。2-1で競り勝ち、開幕から3連勝を飾った。

 度重なるスケジュール変更にも動じなかった。雷警報により、試合は45分遅れで午後6時45分に始まったものの、1回裏1死三塁、日本の攻撃中に中断。1時間25分後の午後8時18分に試合再開されると、この先制機を逃さなかった。

 2者連続四球で1死満塁と好機を広げた後、船越千紘捕手(平成国際大)が地面すれすれの変化球をきっちり転がし、スクイズで先制した。「厳しいボールでしたが、しっかり決めてくれました。振り返ってみると、本当に大きなスクイズでした」と、橘田恵監督はホッと息をついた。5回には相手の守備の乱れで1点を追加した。

 この2点を投手陣が守りきった。先発したエースの里綾実投手(愛知ディオーネ)は6回6安打1失点と要所を締めた。最終7回は田中露朝投手(尚美学園大)が無失点で切り抜け、オープニングラウンド最大の難敵を撃破した。

 指揮官は「里は思った以上に捉えられていましたが、大黒柱らしく、欲しいところで三振取ってくれて、見事な投球を見せてくれました。田中露朝が緊迫した場面でしっかり投げてくれたことも収穫です」と振り返った。

 無傷の3連勝と6連覇に向けて順調に白星を重ねる侍ジャパン日本代表。次は25日の第4戦でキューバと対戦する。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)