清宮、延長10回にプロ初三塁打 右前打、右ソロ弾と合わせてサイクル王手

清宮、延長10回にプロ初三塁打 右前打、右ソロ弾と合わせてサイクル王手

清宮幸太郎がサイクル安打にリーチ

サヨナラ走者として三塁に進むも後続が凡退

■日本ハム – 楽天(25日・札幌ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が25日、札幌ドームでの楽天戦で延長10回にプロ入り初となる三塁打を放った。第1打席に右前打、第4打席に右本塁打を放っており、あと二塁打でサイクルヒット達成となる。

 8回裏に勝ち越しとなる4号ソロを右翼席に運んだが、9回に同点に。そして、3-3で迎えた延長10回。2死走者なしで打席に立つと、楽天・青山が1ボール2ストライクから投じた4球目124キロ外角高めスライダーを強振。センター方向へ飛んだ打球はフェンスを直撃。清宮は一気にスピードを上げ、三塁を陥れた。

 サヨナラ走者として三塁へ進んだが、代打の田中賢介が四球の後、同じく代打の鶴岡慎也がレフトフライに倒れ、ホームまでたどりつかなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)