【MLB】元Gマイコラスが130M特大弾 勝敗付かずも笑顔「フェンスに当たると思った」

【MLB】元Gマイコラスが130M特大弾 勝敗付かずも笑顔「フェンスに当たると思った」

特大本塁打を放ったカージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:AP】

2回に今季2号特大2ランでリード広げる

 元巨人でカージナルスのマイルズ・マイコラス投手が24日(日本時間25日)、敵地ロッキーズ戦で今季2号2ランを放った。右中間に飛距離426フィート(約130メートル)の驚弾を飛ばし、4点リードに広げたが、5回途中を12安打5失点(自責4)で降板。チームは7-5で勝利したが、マイコラスに勝敗は付かなかった。

 2点を先制した直後の2回2死似二塁で打席に立ったマイコラスは、カウント1-1から外角高め92マイル(約148キロ)直球を捉え、右中間へ飛び込む今季2号2ランとした。驚くのは、その飛距離。約130メートルのビッグアーチでリードを広げた。

 地元テレビ局「FOXスポーツ・ミッドウエスト」によると、試合後に取材に応じたマイコラスは「フェンスに直撃するかと思った」と、打球を目で追っていなかったことを告白。結局、ナ・リーグ投手でトップに立つ今季2号となったことに「素晴らしいね」と笑顔を見せた。さらに「みんなにクアーズフィールドで1本打つまで帰れないって言われたんだ。だから、ちゃんと1本打っておきたかった」とジョークを飛ばしてみせた。

 4回2/3を2被弾を含む12安打5失点(自責4)だった自身のピッチングについては、「甘い変化球を2つ上手く捉えられた。それ以外は芯で捉えられていなかったが、失投を見逃してはくれなかった」と反省。次回は投打両面でチームを勝利に導きたい。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)