楽天・則本が八幡商ユニ姿で明かす 高校時代の思い出「悔いが残っている」

楽天・則本が八幡商ユニ姿で明かす 高校時代の思い出「悔いが残っている」

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

3年夏の準決勝はケガで登板することなく敗退

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇の偉業を達成し幕を閉じた。パ・リーグTVは「日本プロ野球選手会から高校球児へ応援メッセージ」と題しパ選手たちの動画を公開。八幡商業高校出身の楽天・則本昂大投手が高校時代の思い出を語っている。

 八幡商のユニホームに袖を通し、帽子を被り貴重な姿を披露した則本。当時は練習が嫌いで「どうすればサボれるのかなと考えてばかりだったので(笑)。学校自体がピッチャーは基本、走ることばっかりだったので。走れる体力は付いたのかなと思います」と明かしている。

 則本は高校時代に甲子園に出場することはなく3年夏は大会中にケガを負いベスト4で敗退。敗れた試合でも登板機会がなく「不完全燃焼。出てなかったのでそれが一番、悔いが残っている」と語っている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)