ホークスが左腕ミランダ快投で8連勝 指揮官「見ててワクワクするピッチング」

ホークスが左腕ミランダ快投で8連勝 指揮官「見ててワクワクするピッチング」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

8回までノーヒットノーランで今季2勝目

■ソフトバンク 5-1 西武(25日・ヤフオクドーム)

 25日、ソフトバンクが首位・西武に連勝し、ゲーム差を6に縮めた。この日の主役は先発のミランダ。8回までノーヒットに抑えたが、最後は2本のヒットで1点を失い、最後のアウトを森唯斗に託した。それでも工藤公康監督はミランダの快投を称賛した。

 惜しくも9回に記録は途切れた。来日2度目、本拠地では初先発となるミランダが8回まで無安打無得点。首位相手の快投に、工藤監督も「すごいピッチング。見ててワクワク、ドキドキするピッチングでした」と絶賛した。「ファンの皆さんも9回には拍手でマウンドに送りだしてくれましたが、100球を超えて疲れもあったんでしょう」と、大記録を逃したミランダを思いやった。

 9回、先頭の秋山翔吾にヒットを許すと、珍しく自らが通訳を伴ってマウンドに向かった。

「1本打たれたら行こうかな、と。ピッチャーはそこ(無安打無得点)目指してやっているので、途切れた時に本人の顔を見て(続投かどうかを)判断しようと思って。本人もまだ行きたいということだったので」と続投を決断。結果的に完封を逃す形になったが、「あそこまで集中力を切らさずに本当にいいピッチングをしてくれました。チェンジアップやフォークが西武打線に合っていなかった。(甲斐)拓也君もうまくリードしてくれたと思います」と語った。

 打っては、西武の先発・十亀剣に対して松田宣浩が天敵ぶりを発揮。初回に先制タイムリー、4回にはソロ弾で貴重な追加点を奪ってみせた。

「相性と言ってしまえばそれまでだけど、相手も打たれまいと難しい球を投げてくる。その中で打つべき球を選んで打っている」と、松田の打席でのアプローチを称えた。

 これで8連勝。首位との差は6ゲームに縮まり、引き分けた日本ハムとの差は0.5ゲーム開いた。「とにかく1つずつなので、先のことは考えず、今までのことは終わったこととして頑張っていくだけです」と、前日同様に引き締まった表情で会見を終えた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)