【MLB】大谷翔平、第3打席は3球で空振り三振 CY賞バーランダーが意地見せる

【MLB】大谷翔平、第3打席は3球で空振り三振 CY賞バーランダーが意地見せる

第2打席に本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第1打席には右翼線二塁打、第2打席は14号中越え2ラン

 エンゼルス大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地アストロズ戦に4試合ぶりのスタメン出場。サイ・ヤング賞右腕バーランダーから第1打席に右翼線二塁打、第2打席にはバックスクリーンへ14号2ランを放ったが、第3打席は3球で空振り三振に斬って取られた。

 大谷自身、勢いに乗って迎えた6回無死一塁の第3打席。今季3度目の猛打賞と行きたいところだったが、メジャー屈指のベテラン右腕に完敗した。初球低めスライダーを見送ってストライクを取られると、2球目の内角低めスライダーを何とかファウル。だが、3球目の内角高め96.6マイル(約155キロ)速球にバットが空を斬り、わずか3球で空振り三振を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)