巨人・坂本がまた打線の火付け役に 1軍復帰から2試合連続で先制ホーム

巨人・坂本がまた打線の火付け役に 1軍復帰から2試合連続で先制ホーム

巨人対阪神の試合経過

4番・岡本の先制打を呼ぶ左翼フェンス直撃二塁打

■巨人 – 阪神(26日・東京ドーム)

 巨人の坂本勇人内野手が26日の阪神戦(東京ドーム)に「1番・遊撃」で2試合連続でスタメン出場。初回の第1打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放った。

 1軍復帰後、2試合連続で攻撃の口火を切った。初回先頭で打席に立つと、2ボール2ストライクから2球ファウルで粘って7球目。左腕・飯田の低めに沈むチェンジアップをバットに乗せた。あと数センチで本塁打という大飛球は、左翼フェンス最上部を直撃する二塁打に。さらに二塁まで進んだ後、1死一、二塁から岡本の左前打で先制のホームを踏んだ。

 7月に左脇腹痛で戦線離脱。復帰戦となった25日の阪神戦では初回の第1打席で右前打を放ち、岡本の24号2ランを演出。6-0の快勝を呼び込んだ。キャプテンが復帰から2試合連続で打線の火付け役となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)