【侍U-18代表】侍クリーンアップは中川&藤原&根尾の大阪桐蔭トリオ!? 報徳・小園は1番

【侍U-18代表】侍クリーンアップは中川&藤原&根尾の大阪桐蔭トリオ!? 報徳・小園は1番

侍ジャパンU-18でも主軸を担う藤原恭大(奥)と根尾昂【写真:編集部】

シート打撃で順番に打席へ、高校最強トリオが日本のクリーンアップ

 高校野球日本代表の侍ジャパンU-18代表は、9月3日から宮崎で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に向けて、26日に東京近郊のグラウンドで合宿2日目の練習を実施。初めて行われたシート打撃では、1番に報徳学園の小園海斗内野手が入り、クリーンアップには中川卓也内野手、藤原恭大外野手、根尾昂内野手と史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の3、4、5番がそのまま入った。

 合宿2日目のこの日、侍ジャパンU-18代表は午後からシート打撃を行った。開始直前に永田裕治監督が、現時点での構想と見られる“打順”を告げてスタート。まずリードオフマンとして小園が打席に入った。

 そして、3番に中川、4番に藤原、5番に根尾と、大阪桐蔭のクリーンアップトリオが順番に打席へ。甲子園を制した圧倒的な打力をそのまま日本代表に組み入れて、アジア制覇を目指すことになりそうだ。

 甲子園では、藤原、根尾がともに3本塁打を放ったが、この日のシート打撃では中川が右越えの一発をマーク。これが侍U-18代表の“チーム1号”となった。また、藤原も好機でヒットを放ち、小園は二盗を決めるなど、それぞれが持ち味を発揮。根尾はシート打撃を途中で切り上げてブルペンに入り、投手としての起用にも備えた。

 浦和学院の蛭間、木更津総合の野尻といった強打者が下位に入る強力打線となりそうな侍ジャパンU-18代表。アジア選手権開幕へ向けて、期待は高まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)