【女子W杯】日本が開幕4連勝、先制点許すもキューバを逆転 橘田監督「私の完全なミス」

【女子W杯】日本が開幕4連勝、先制点許すもキューバを逆転 橘田監督「私の完全なミス」

侍ジャパン女子代表・橘田恵監督【写真:Getty Images】

5回終了時に選手に謝罪「申し訳ありません。一番緊張しているのは私です」

 第8回WBSC 女子野球ワールドカップ(米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表は25日(日本時間26日)、オープニングラウンド第4戦でキューバに4-1で逆転勝ちした。

 4戦目で初めて先制点を奪われた。

 0-0で迎えた5回裏だ。安打に失策が絡み、1死二、三塁の場面で、スリーバントスクイズを試みた打者が、低めのボールを空振り。このボールを船越千紘捕手(平成国際大)が捕球できず、三走がホームイン。記録は本塁への盗塁で先制点を献上してしまった。

 6回表の攻撃が始まる前、ワールドカップ初采配の橘田恵監督が選手に発した言葉は謝罪だった。「申し訳ありません。一番緊張しているのは私です」。

 実は5回表の攻撃に伏線があった。1死三塁の先制機、小島也弥外野手(IPU環太平洋大)が1ストラクを取られた後、指揮官はタイムをかけて打者と走者を呼び寄せた。直後にスクイズを仕掛けると、相手バッテリーに外され、この回無得点。相手に流れを渡してしまっていたからだ。

 指揮官の率直な告白に「その通りですね」と笑いながら返した選手たち。このやりとりをきっかけに、わずか2安打だった打線が突如目覚めた。先頭の中田友実外野手(愛知ディオーネ)が初球を左前に弾き返すと、1死三塁で3番の三浦伊織内野手(京都フローラ)の中越え適時二塁打で追いつく。さらに「自分のミスで与えてしまった点なので、なんとしても返したかった」と言う船越の中前打で勝ち越した。7回には三浦が2点適時打を放って、ダメを押した。

「私の完全なミスで彼女たちのリズムを崩してしまいました。昨日も今日も選手をどうやってリラックスさせるか悩んでいましたが、原因は私です。私も成長しなきゃいけないですし、選手に教えてもらっているなと感じています」と、橘田監督は選手たちに感謝した。

 ワールドカップ3度目出場の出口彩香主将(ハナマウイ)は言う。「監督が選手を助けることもあれば、選手が監督を助けることもあります。それがチーム。決勝までにいろんな出来事があって、いいなと思います」。

 前日のカナダ戦は悪天候で開始時刻の遅れと中断を乗り越えて2-1で勝った。この日は初めての逆転勝利。経験値を上げながら結束力を高めているチームは、26日のオーストラリア戦に勝って、オープニングラウンド全勝を目指す。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)