【MLB】“ホルヘ”大谷の三盗刺した元女房役がドヤ顔 地元記者「かなりご満悦の様子」

【MLB】“ホルヘ”大谷の三盗刺した元女房役がドヤ顔 地元記者「かなりご満悦の様子」

25日、本拠地アストロズ戦の試合前に再会を果たしたエンゼルス・大谷(左)とアストロズ・マルドナード【写真:Getty Images】

7月にアストロズへ移籍したマルドナードが強肩で三盗阻止

 エンゼルス大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地アストロズ戦でメジャー移籍後初めて盗塁に失敗した。7月まで女房役だったマルティン・マルドナード捕手の好送球で三盗を阻止されたが、その瞬間に見せた元女房役の“ドヤ顔”が話題を呼んでいる。

 今季100パーセントの成功率で6盗塁を記録していた大谷。そのスピードスターに洗礼を浴びせたのは、7月にエンゼルスからアストロズにトレード移籍したマルドナードだった。

 3点を追う2回、先頭で打席に立った大谷は剛腕バーランダーから右翼線いっぱいに落ちる二塁打で出塁。1死後にシモンズの打席でフルカウントからの6球目で三盗を試みたが、捕手マルドナードの好送球で刺された。

 天を仰ぎ悔しがる大谷の姿に対し、本塁上で不敵な笑みを浮かべながら喜ぶマルドナードは、まさにしてやったりの様子だった。この名勝負は米メディアでも大きな話題を呼んだ。

 スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者はツイッターで「マーティン・マルドナードは親友ショウヘイ・オオタニの三盗を阻止する。そして、かなりご満悦の様子」と速報。MLB公式サイトのマリア・グアルダード記者も「マーティン・マルドナードはショウヘイ・オオタニの盗塁阻止した後、ニヤリ」とツイートした。地元紙「ヒューストン・クロニクル」のチャンドラー・ローマ記者も「ショウヘイ・オオタニを刺した後のマルドナード」というツイートとともに、昨季のゴールドグラブ賞捕手の“ドヤ顔”画像を紹介していた。

 7月26日(同27日)に若手右腕との交換トレードで同地区ライバルのアストロズへ電撃移籍したマルドナードは、今季はキャンプインから捕手として大谷のサポートに尽くした。ラテン語圏の選手の多いクラブハウスで大谷を溶け込ませようと「ホルヘ」とニックネームをつけるなど、クラブハウス内でもサポート。トレード移籍が決まった時も、ハグをかわして別れを惜しんだ。

「良き友と話をするのはいつだってナイス」と、前日に行われた古巣との初対決後に話していたマルドナード。悔しがる親友に向けた、なんともうれしそうな表情は、この日の名シーンとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)