【ロッテ売り子トップ5】「飲み物が与える力」に魅了されビールメーカーへ就職 会話重視のまなみさん

【ロッテ売り子トップ5】「飲み物が与える力」に魅了されビールメーカーへ就職 会話重視のまなみさん

2位から逆転優勝を目指す「まなみ」さん【写真:佐藤直子】

チアで身につけた元気と笑顔、選手は福浦推し

 今季ロッテでは、3月30日のホーム開幕戦からホーム最終戦まで、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に「売り子ペナントレース」を開催している。立ち売り販売のドリンクメニュー(ソフトドリンクも含む)を販売する売り子経験5年以内の希望者88人が参加。年間販売杯数ナンバー1となった売り子には「ハワイアン航空 成田-ホノルル往復ペア航空券」がプレゼントされるという企画だ。

 混戦模様のパ・リーグにおいてペナントレースが激化するとともに、「売り子ペナントレース」も佳境に突入。現在はまりなさんが首位を独走する形だが、レース状況が大幅に変わる可能性が残されている。それが8月31日に開催される「チケット・ビール半額デー」だ。通常700円のビールが350円になる他、ビール以外の各種ドリンクも通常よりお得な価格で販売されるため、この日に売上げ自己新記録を達成する売り子も多い。

 そんな一大イベントを前に、7月31日現在「売り子ペナントレース」のトップ5入りする人気売り子をご紹介するこの企画。第4回は2位から逆転優勝を目指す「まなみ」さんだ。

 中学生の頃から競技チアをやっていた大学4年生。高校生の頃は「球場は応援の雰囲気が好きで、ディズニーに行く感じで、イベントとしてよく来ていました」と話すマリンスタジアムで働き始め、今年で4年目を迎える。主に売っているのはハイボール。ビールと違って、飲み物が入ったタンクを背負うだけではなく、氷の入ったケースを正面に抱え、「両方から引っ張られてます」と笑う。

「2つ合わせて15キロくらいですね。チアをしていて、結構自分は体力があると思っていたんですけどキツかったです。肩に来る重さだったり、階段の上り下りだったり、想像を超えてました」

 売り子デビューした日は、あいにくの雨。ハイボールのような氷が入った飲み物は売れづらく、初めての売上げは22杯と苦戦した。「でも、そこですごく悔しくて。ここから頑張っていこうと思いました」と、負けず嫌いに火が着いた。先輩の売り方を見て学び、自分風にアレンジしたこともある。だが、一番効果があったのは、お客さんからのアドバイスだった。

「歩きながらも、たまに立ち止まって『いかがですか?』って声を掛けるんですけど、もう少し長く止まってお客さんをちゃんと見た方がいいよって教えてくれたんです。自分では割と長く止まっているつもりだったんですけど、お客さんから見ると止まっている時間が短かったみたいで。実際にやってみると、お客さんが手を挙げているのに気が付かなかったこともあったんだなって思いました。あと、お客さんに『あ、ハイボールか、買ってみようかな』って思ってもらう時間を置いた方がいいなと。効果はありましたね」

「ペナントレース」に出場しているからこそ、売上げ杯数に走らず会話を大切に…

 試行錯誤を繰り返しながら、チアで身につけた元気と笑顔を生かした自分なりの売り方が定着してきたのが2年目のこと。ちょうどその頃、うれしい出来事があった。

「2016年の6月にベストクルーとして表彰されたんです。その理由が売り方と雰囲気だって言われて、売上げ杯数以外で認めてもらえたのがうれしかったですね。売上げ杯数以外、売り方や雰囲気で元気を与えられているっていうのを、しっかり他の方に評価していただけたんだって」

 売り子をしながらファンとのコミュニケーションを通じて「飲み物が与える空間だったり、楽しみだったりを見て、飲み物が与える力はスゴイと思いました」と目を輝かせるまなみさんは、来年4月からビールメーカーに就職することに。見事、4年間の経験を未来につないだ。

「本当に夢中になれた。一生涯残る経験」という売り子の仕事も、残すところ1か月半。売り子ペナントレースは大詰めを迎えているが、だからこそ大切にしたいことがあるという。

「ペナントレースに出ているからこそ、売上げ杯数に走るんじゃなくて、しっかりお客さんとの会話を大切にしたいですね。やっぱり球場に来たからには楽しんでもらう必要がある。野球だけじゃなくて、私たちとの会話から与えられる小さな喜びもあると思うんです。私たちが生める価値もあると思うので、そこを常に意識しながら、そして大切にしながら集大成としていきたいですね」

 そしてもう1つ、残り1か月半で楽しみにしていることがある。それが福浦和也内野手の2000安打達成だ。9月は札幌ドーム、メットライフドームまで“遠征”に出掛けるが、「あわよくばマリンで!」と期待する。

「2000安打が楽しみです。私、福浦選手が一番好きなので。ロッテ一筋でやり続ける姿や、ベテランでも試合に出で前を向き続ける姿を見ると感銘を受けます。気になり始めたきっかけは、福浦選手の名前がコールされるとスタンドがウワァーって大盛り上がりして『そんなにすごい選手なんだ……』って思ったことでした。でも今では私も、誰とも違うすごい選手なんだって思います!」

 4年間で築き上げたファンとの絆を大切にしながら、そして球史に残る偉業達成の瞬間を心待ちにしながら、ラストスパートをかける。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)