巨人は澤村が6失点炎上で3位後退、DeNAは最下位転落…セ26日はどうなった

巨人は澤村が6失点炎上で3位後退、DeNAは最下位転落…セ26日はどうなった

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

ヤクルトは2位、中日は5位にそれぞれ浮上

 プロ野球は26日に6試合が行われ、セ・リーグは順位が大きく入れ替わった。

 ヤクルトはDeNAに7-3で勝利。先発・石川は初回に2点を先制されるも、その裏に西浦の同点打が飛び出すと、4回にはバレンティンが勝ち越し2ランを放った。石川は5回に1点を返されたが、打線はその裏に相手のミスですぐに1点を取り返し、7回には坂口がタイムリー。8回には廣岡のダメ押しのソロ弾が飛び出した。2位巨人をかわして2位に浮上。一方、DeNAは最下位に転落した。

 巨人は阪神にまさかの大逆転負けで3位に転落。岡本、マギー、ゲレーロの本塁打などで5点をリードして終盤を迎えたが、8回に澤村がまさかの大炎上。2/3回を4安打2四球6失点で逆転を許し、8-9で敗れた。阪神は梅野の2ラン、俊介のタイムリーなどで澤村を攻略し、最後は伊藤隼がピンチで登板した池田から逆転打を放った。

 中日は首位・広島に大勝で勝ち越し、最下位を脱出した。高橋、ビシエドがそれぞれ2本塁打。高橋は2安打3打点、ビシエドは4安打4打点と大暴れし、平田も3安打1打点をマークするなど、広島の高橋昂、高橋樹を打ち崩した。7回1失点と好投した藤嶋が2勝目。広島は打線も丸の30号ソロによる1点どまりで、この日はマジックを減らすことはできなかった。

【25日終了時点】
1広島 65勝43敗2分 M22
2巨人 57勝58敗2分 11.5
3ヤクルト 53勝55敗1分 0.5
4阪神 49勝56敗1分 2.5
5DeNA 49勝60敗2分 2.0
6中日 51勝63敗1分 0.5

【26日終了時点】
→1広島 65勝44敗2分 M22
↑2ヤクルト 54勝55敗1分 11.0
↓3巨人 57勝59敗2分 0.5
→4阪神 50勝56敗1分 2.0
↑5中日 52勝63敗1分 2.5
↓6DeNA 49勝61敗2分 0.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)