【MLB】加藤豪将所属の2Aトレントンが3年連続プレーオフ進出 松井秀喜氏も指導

【MLB】加藤豪将所属の2Aトレントンが3年連続プレーオフ進出 松井秀喜氏も指導

ヤンキース傘下に所属する加藤豪将【写真:編集部】

イースタンリーグ東地区2位以上が決定

 加藤豪将内野手が所属するヤンキース傘下2Aトレントンが26日(日本時間27日)、敵地ハートフォード戦に勝利し、3年連続プレーオフ進出を決めた。

「3番・一塁」で先発出場した加藤は、途中から三塁守備へ回り、5打数1安打の成績で勝利に貢献した。イースタンリーグ東地区でニューハンプシャーと首位争いを繰り広げるが、この日の勝利でプレーオフ進出条件となる2位以上が確定。9月2日(同3日)のシーズン最終戦まで地区優勝を目指して戦う。

 加藤は自身のインスタグラムを更新。「Playoffs」の言葉を添えて、仲間とのシャンパンファイト後のチーム集合写真を公開し、喜びを伝えた。

 ヤンキースでGM特別アドバイザーを務める松井秀喜氏も、トレントンにはしばしば指導に訪れる。最近ではジャッジやサンチェス、かつてはジーターらを輩出したマイナーチームがリーグ優勝に一歩近づいた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)