【MLB】ナ新人王候補、地面強打のダイビングキャッチに米称賛 「彼は何でもできる」

【MLB】ナ新人王候補、地面強打のダイビングキャッチに米称賛 「彼は何でもできる」

驚愕のダイビングキャッチをみせたブレーブスのロナルド・アクーニャ【写真:AP】

攻守でブレーブスを牽引するロナルド・アクーニャ

 ブレーブスのロナルド・アクーニャ外野手が26日(日本時間27日)、敵地マーリンズ戦で間一髪の“スーパーダイブ”を披露した。地面スレスレでボールを好捕した超美技をMLB公式ツイッターは「どこからともなくやってくる」と称賛の声を送った。

 ブレーブス1点リードで迎えた7回。マーリンズ先頭のカストロが放った打球は左中間へフラフラと上がる飛球となった。左翼手・アクーニャは猛ダッシュで落下地点に到達するとダイビングキャッチ。体を強打し捕球後は一回転しながらボールは離さなかった。地面にボールが落下するギリギリのところでキャッチしたスーパープレーをMLB公式ツイッターは動画を交え公開している。

 画面の端から突如として現れ颯爽と飛球を奪ったアクーニャに「どこからともなくやってくる、アクーニャ」と賛辞を送っている。これにはファンも「皆さん、こちらがナ・リーグ新人王のロナルド・アクーニャJr.です!」「マイアミ相手に離れ業をやってのけている」「証明済み:彼は何でもできる」「素晴らしいキャッチ」と歓喜の声を挙げている。

 アクーニャは今年、MLB公式サイトの若手有望株格付けコーナー「MLBパイプライン」の今季プロスペクト(有望株)ランキングで大谷に次ぐ2位に入った超逸材。ここまで主に1番打者として打率.290、21本塁打、45打点、10盗塁の成績を残しナ・リーグ新人王候補に堂々と名を連ねている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)