【MLB】大谷翔平、実戦形式登板で投手復帰に自信 「準備はしている」「もういけます」

【MLB】大谷翔平、実戦形式登板で投手復帰に自信 「準備はしている」「もういけます」

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

9月4日のレンジャース戦で復帰の可能性も

 エンゼルス大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地でのロッキーズ戦に「4番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場する。試合前には非公開で故障後、3度目となる実戦形式登板を果たし3イニング50球を投げ、投手復帰に向け順調な仕上がりを見せた。試合前に取材に応じた大谷は「もういけます」と復帰に向け自信を口にした。

 この日の試合前に非公開で故障後3度目となる実戦形式での投球練習を行った大谷。球団広報によると左右のマイナー2選手を相手に8打席、計3イニングを投げ球数は50球でそのうち33球がストライク投球。投球内容には「球数も増えてますし、強度も徐々に上がっている。実践に向けての準備としてもよかった」と手応え。

 宝刀・スプリットを含め全変化球を交えての投球には「空振りも取れてましたし、そこそこ良かった」と振り返り、復帰戦に向け「前々から準備はしている。ここでいってほしいという所で合わせて準備したい」と力を込めた。

 9月3日(同4日)の敵地レンジャース戦で投手復帰の可能性も出ているが、自身の状態を問われた二刀流は「もういけますよ」と力強く口にした。開幕から二刀流でメジャーを沸かした「投手・大谷」の復帰は間近に迫っている。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

関連記事(外部サイト)