オリT-岡田、当時の愛称は“浪速のゴジラ” 「やってよかったなという3年間」

オリT-岡田、当時の愛称は“浪速のゴジラ” 「やってよかったなという3年間」

オリックス・T-岡田【写真:荒川祐史】

高校3年の夏は大阪桐蔭に準決勝で敗れる

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇の偉業を達成して幕を閉じ、甲子園を沸かせた選手たちが選出された侍ジャパンU-18代表は9月3日から宮崎で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に向けて合宿をスタートさせた。

 パ・リーグTVは「日本プロ野球選手会から高校球児へ応援メッセージ」と題し、パ・リーグの選手たちが高校時代のユニホームを着て当時を振り返る動画を公開。大阪・履正社高校出身のオリックス・T-岡田外野手が高校野球への感謝を語っている。

 高校時代を「原点でもありますし、人としてあるのも高校3年間があったからだと思います」と感謝の言葉を並べた。1度も甲子園に出場することはなかったが「負けて悔しかったが、高校野球をやってよかったなという3年間でした」と語っている。

 T-岡田の高校最後の試合は大阪大会準決勝で大阪桐蔭に敗れている。通算55本にちなみ「浪速のゴジラ」と呼ばれていた。当時は大阪桐蔭・平田(現中日)、辻内(元巨人)、近大付属・鶴(元阪神)と共に「浪速の四天王」と呼ばれ4人全員がドラフト1位指名を受けた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)