【MLB】大谷翔平、15号3ラン&左前打で今季16度目のマルチ 第4打席で技ありの一本

【MLB】大谷翔平、15号3ラン&左前打で今季16度目のマルチ 第4打席で技ありの一本

「4番・DH」でスタメン出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第2打席で左中間へ126メートルの15号3ラン

 エンゼルス大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地でのロッキーズ戦に「4番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場。第1打席は左飛、第2打席では逆転の15号3ラン、第3打席は投ゴロ、第4打席で左前打を放ち今季16度目のマルチ安打を記録した。

 大谷は2回の第1打席で左飛に倒れたが2点を追う4回。トラウトのタイムリーで1点を返し尚も無死二、三塁のチャンスで93.7マイル(約151キロ)をフルスイング。打球は一直線で左中間へ飛び込む412フィート(約126メートル)の15号逆転3ランとなった。6回の第3打席は投ゴロに倒れた。

 エンゼルスは2点リードの8回。3連続四球などで1死満塁のピンチを迎えると6番手のジョンソンがロッキーズのラメーヒューに満塁ホームランを浴び逆転に許した。

 2点を追う8回。無死一塁の場面で第4打席を迎えた大谷は右腕オッタビーノと対戦。1ボール2ストライクからの5球目、外角の直球にバットを合わすと打球は左翼線に落ちる技ありのヒットを放った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)