【侍J壮行試合】 大学日本代表が初回に3点先制 先発・市川から辰巳が適時打、頓宮が2ラン

【侍J壮行試合】 大学日本代表が初回に3点先制 先発・市川から辰巳が適時打、頓宮が2ラン

侍ジャパン大学代表の4番・頓宮に本塁打を浴びた高校代表の先発・市川【写真:荒川祐史】

高校日本代表は初回は小園、奈良間、中川が3者凡退

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われ、初回に大学日本代表が3点を先制した。

 先攻は高校日本代表。大学日本代表の先発・田中に対して、小園が二ゴロ、奈良間は三ゴロ、中川は一ゴロと3者凡退に倒れる。すると、その裏に大学日本代表が早速、パワーを見せつける。高校日本代表の先発・市川に対して、1死から佐藤都が四球で出塁。牽制悪送球で二塁に進むと、辰巳のセンター前へのタイムリーで1点を先制した。

 さらに、1死二塁で頓宮がスライダーを捉え、レフトへ2ランを叩き込む。強打者がパワーを見せつけ、初回に3点をもぎ取った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)