【侍J壮行試合】根尾が躍動、左前打に続き三塁打 内野ゴロで生還し、高校日本代表が1点返す

【侍J壮行試合】根尾が躍動、左前打に続き三塁打 内野ゴロで生還し、高校日本代表が1点返す

2回、侍ジャパン高校代表の初安打を放った根尾【写真:荒川祐史】

4回にセンターオーバーの三塁打、1点返して5点差に

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われた。「5番・右翼」でスタメン出場した大阪桐蔭の根尾は、2回にレフト前ヒット。さらに、5回にはセンターオーバーの三塁打を放つと、内野ゴロの間に生還し、高校日本代表に初得点をもたらした。

 2回にチーム初ヒットとなるレフト前ヒットを放った根尾。本職は遊撃だが、ライトの守備でもファインプレーを見せる。さらに、0-6となった5回には先頭で小島からセンターオーバーの大飛球を放つ。快足を飛ばして一気に三塁に到達。神宮球場を大きく沸かせた。

 根尾は続く蛭間の一ゴロで生還。高校日本代表が1点を返した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)