【侍J壮行試合】藤原が適時内野安打、高校日本代表が4点差に迫る 2安打の根尾は空振り三振

【侍J壮行試合】藤原が適時内野安打、高校日本代表が4点差に迫る 2安打の根尾は空振り三振

内野安打を放った侍ジャパン高校代表・藤原【写真:荒川祐史】

根尾は2打席目まで左前打&三塁打と躍動

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われ、高校日本代表が6回に藤原の適時内野安打で2点目。4点差に縮めた。

 この回から登板した大学日本代表・津森に対して、1死から奈良間が死球で出塁。続く中川がセンター前ヒットを放つと、中堅手が後逸する間に進塁して2死二、三塁とした。ここで藤原は三塁へのゴロ。送球が遅れる間に快足を飛ばして一塁を駆け抜け、適時内野安打となった。

 なおも2死一、三塁で、左前打、中越え三塁打と2安打の根尾が打席へ。しかし、ここは145キロの直球にフルスイングで空振り三振。もう1点を奪うことはできなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)