【侍J壮行試合】根尾は投打で躍動、藤原適時打、小園ソロ弾 高校日本代表が敗戦も随所で光

【侍J壮行試合】根尾は投打で躍動、藤原適時打、小園ソロ弾 高校日本代表が敗戦も随所で光

投打で活躍し侍ジャパン高校代表・根尾【写真:荒川祐史】

小園はドラ1候補・松本から一発、根尾は8回に登板し3者凡退の好投

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われ、大学日本代表が7-3で快勝した。高校日本代表は根尾が三塁打を含む2安打、藤原が適時内野安打と大阪桐蔭の2人が存在感を見せ、小園もドラ1候補・松本からソロ弾を放つなど、光るプレーも見せた。

 まずは初回、大学日本代表は高校日本代表の先発・市川を攻め、辰巳のタイムリーで先制。さらに、頓宮が2ランを放ち、いきなり3点を先制した。

 一方、高校日本代表は2回に根尾が初ヒットを放つも得点にはつながらず。すると、2番手・渡辺がマウンドに上がった4回には先頭・勝俣がソロ弾、佐藤都がセンターオーバーの2点二塁打を放ち、3点を加えて6-0とした。

 高校日本代表は直後の5回に先頭・根尾がセンターの頭上を弾丸ライナーで抜くヒットで一気に三塁へ。スリーベースでチャンスを作り、続く蛭間の一ゴロの間に1点を返した。さらに、6回は津森から2死二、三塁の好機を作り、藤原が遊撃への適時内野安打。4点差に迫った。

 しかし、大学日本代表は7回に伊藤が大阪桐蔭の甲子園V投手・柿木からバックスクリーンへソロ弾。パワーを見せつけ、突き放す。それでも、高校日本代表は8回、1番・小園がドラ1候補・松本の直球をライトスタンドへ運ぶソロ本塁打。再び4点差とした。

 その裏、右翼でスタメン出場の根尾がマウンドへ。3者凡退に抑え、二刀流の実力を見せつける。それでも、高校日本代表は9回に追いつくことはできず。敗れはしたが、甲子園を沸かせた選手たちが随所で光を放った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)