【侍J壮行試合】根尾が二刀流で活躍 左前打&三塁打でマルチ、8回は投手として3者凡退の快投

【侍J壮行試合】根尾が二刀流で活躍 左前打&三塁打でマルチ、8回は投手として3者凡退の快投

打っては2安打、投げては1回無失点と躍動した侍ジャパン高校代表・根尾【写真:荒川祐史】

「5番・右翼」で先発し、8回には投手としてマウンドへ

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われ、大学日本代表が7-3で快勝した。高校日本代表の根尾は「5番・右翼」で三塁打を含む2安打を放つと、8回には投手としてマウンドへ。3者凡退の快投を見せた。

 根尾は2回、チーム初ヒットとなる左前打を放つ。さらに、5回は先頭で打席に入ると、センターの頭上を弾丸ライナーで破り、快足を飛ばして一気に三塁へ。続く蛭間の一ゴロで生還した。6回は2死一、三塁の好機で打席に立つも、津森の外角への直球で空振り三振に倒れた。

 そして、8回には投手としても非凡な才能を見せつける。マウンドに上がると、先頭・児玉はスライダーで中飛。逢澤はスライダーで空振り三振に仕留め、佐藤都は直球で三邪飛に打ち取った。3者凡退の快投。9回は再び空振り三振に倒れたものの、その実力を大学日本代表相手に見せつけた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)