【侍J壮行試合】4番・藤原、三安で1打点も大学生右腕・津森に脱帽「すごいボールでした…」

【侍J壮行試合】4番・藤原、三安で1打点も大学生右腕・津森に脱帽「すごいボールでした…」

「4番・中堅」で出場し、1安打をマークした侍ジャパン高校代表・藤原【写真:荒川祐史】

木製バットに徐々に対応も「引っ張るのが難しい」

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われ、大学日本代表が7-3で快勝した。高校日本代表の「4番打者」として先発出場した藤原恭大外野手は、第3打席に三塁内野安打で貴重な打点を挙げたが、試合後「すごいボールでした……」と大学生の投球に驚嘆の声を上げた。

 試合終了からしばらく経っても、驚きは消えることはなかった。大学生投手の印象を聞かれると、第3打席に対戦したサイドスローの津森宥紀の名前を挙げ、「すごいボールでした……。メッチャ速かったです。ほとんど見えなかったです」と、時速140キロ台後半の速球に目を丸くした。

 初球を空振りすると、2球目ボールの後に3球目も空振り。4球目をファウルでしのいだ後、5球目は三塁へのゴロとなったが、三塁手が処理に手間取る間に一塁へ快足を飛ばし、内野安打をもぎ取った。振り遅れないように打席では「バットを短く持った」というが、「それでも振り遅れました。当てるのが精一杯でした」と振り返る。

 甲子園で使用していた金属バットから木製バットへの変化もあった。徐々に対応できている手応えはあるが、「引っ張るのが難しい」とまだまだ改善点はある。「当てるバッティングじゃなくて、自分のスイングでのバッティングができるようにしたい」と負けん気を見せながら、さらなる状態アップに意欲を見せた。

 大学生に力の差を教えられた形になったが、「今日の試合は自分の野球人生の中でも、すごくいい経験になったと思います」と笑顔。飽くなき向上心を持って、アジア制覇を目指す。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)