【侍J壮行試合】根尾は三投流 内野、外野、投手、鍵握る起用法に指揮官「いろんなパターンを」

【侍J壮行試合】根尾は三投流 内野、外野、投手、鍵握る起用法に指揮官「いろんなパターンを」

投打に存在感を見せた侍ジャパンU-18代表・根尾昂【写真:荒川祐史】

外野で先発して救援登板、小園の遊撃守備には「かなり安心感がある」

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が28日に神宮球場で行われ、高校日本代表は大学日本代表に3-7で敗れた。だが、今夏、甲子園を沸かせた選手たちは随所で光るプレーも。大阪桐蔭の根尾昂は「5番・右翼」でスタメン出場し、三塁打を含む2安打をマーク。さらに、8回にはマウンドに上がって3者凡退の快投を見せた。9月3日に開幕する「第12回 BFA U18アジア選手権」で、根尾の起用法がキーポイントの1つとなることは間違いない。

 特別な光を放った。本職の遊撃は報徳学園の小園に譲り、根尾は右翼でスタメン出場。2回にはチーム初ヒットとなる左前打を放つと、5回にはセンターの頭上を弾丸ライナーで抜く三塁打でチャンスを作り、続く蛭間の一ゴロで生還した。そして、8回はマウンドへ。大学生を相手に1三振を奪い、3者凡退に仕留めた。

 大学トップレベルの選手たちを相手に、抜群のセンスを改めて見せつけた根尾。永田裕治監督は根尾を右翼で起用したことについて「昨日の晩に根尾には話をして、投手としても使いたいということで、いろんなことを総合して、しっかり話をした中で外野で使いました」と説明。救援としてマウンドに上げることも踏まえた上での起用法だったようだ。一方で「どういう使い方になるか。色んなパターンを試してみたい」とも言及している。

 根尾本人は外野守備について「最低限はできたけど、もっとできると思います」と満足はしていない様子。ただ、遊撃を守った小園には「ライトにいても小園がショートにいてくれたらチームの守りもより堅くなるというか、スキがなくなるので、自分がショートに入ることもあるかもしれないですけど、小園がショートをやってくれるとかなり安心感ある」と絶大な信頼を寄せる。チームのために自分が何をすべきかをしっかり考えている。

 内野手、外野手、そして投手……。どのポジションでもハイレベルなプレーを見せ、なおかつ、打撃でもクリーンアップの一員としてチームを牽引する。根尾の存在がチームのレベルを1段階も2段階も引き上げてくれる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)