「見失っている感じ」から復活の手応え ロッテ期待の3年目右腕が開花の時

「見失っている感じ」から復活の手応え ロッテ期待の3年目右腕が開花の時

ロッテ・高野圭佑【写真:荒川祐史】

結果を残して1軍昇格を掴んだ高野「運よく抑えられているとしか思っていない。これから」

 8月7日に行われた西武との2軍戦、ロッテの3年目右腕・高野圭佑投手は2-5の7回からマウンドへ。この日は大荒れのピッチングで、1回を投げて3安打、4四死球、5失点と精彩を欠いた。高野は「自分が投げている感じもつかめずに、テンポも良くないですし見失っている感じでした」と振り返った。

「ビデオを見て何が足りないんだろうと思ったときに、キャッチャーのサインもそうですし、自分だけで野球をしないように……。キャッチャーが配球を考えてくれるし、それを信じて投げてみる。僕の状態をキャッチャーが見てサインを出してくれていると思うので、『サインに従って投げるだけだ!』とある種、吹っ切れたのではないですけど、そういう気持ちで投げていますね」

 自分の持ち味を知っている捕手を信じて投げるようになった結果、復調につながったという。その後の3試合で5イニングスを無失点に抑えた高野は、1軍昇格の切符をつかんだ。

 19日の楽天戦で3-6の8回の場面で今季初登板を果たすと、1イニングをわずか11球、3者凡退に抑えた。すると、9回に打線が5得点を奪い逆転に成功。高野に2年ぶりの白星が転がり込んできた。

 連投となった22日と23日の西武戦では、球界屈指の強打者・浅村栄斗内野手、山川穂高内野手と2試合連続での対戦となったが、2戦連続で封じた。

 西武戦での投球を見ると、武器であるフォークをあまり投げず、スライダーとストレートが多かった。これについて高野は「フォークは今も投げますが、田村からのサインがストレートとスライダーが多かったということ。(サインは田村に)お願いしているので、状況によってはフォークのサインが出るかもしれないですね」と明かした。

 また、今年の5月に「球速もでているし、ある程度形ができてきました」と話していたストレートは「(力を)出せているという程ではないです。今はストレートをどんどん投げて、運よく抑えられているとしか思っていない。これからですね」と自己分析する。

 ようやくつかんだ1軍のマウンド。26日の試合で苦い経験をしたが、今後も“熱く冷静に”1軍の打者たちをねじ伏せていく。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)