ホークス、9連勝→1敗→1勝 明石が決勝打、無失点リレーで8月は17勝6敗

ホークス、9連勝→1敗→1勝 明石が決勝打、無失点リレーで8月は17勝6敗

決勝打を放ったソフトバンク・明石【画像提供:(C)PLM】

前日に連勝止まるもロッテに快勝、6回に一挙5得点

■ソフトバンク 7-0 ロッテ(29日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは29日、本拠地ロッテ戦に7-0で快勝した。前日に連勝が「9」で止まっていたが、1敗を挟んで再び勝利。8月は17勝6敗と好調をキープしている。

 試合はソフトバンク先発の松本裕、ロッテ先発のシェッパーズが走者を出しながらも崩れず、5回まで両チーム無得点で進んだ。均衡が破れたのは6回。ソフトバンクは柳田、中村晃のヒットで1死二、三塁とすると、長谷川勇は満塁策で四球。大チャンスで甲斐に代打・明石が送られた。

 明石はここでライトへのタイムリーツーベース。ソフトバンクが2点を先制した。ロッテは唐川を投入するも、ソフトバンクは上林が投前内野安打。唐川の一塁への悪送球も重なり、4-0とすると、牧原も内野安打。またしても唐川のミスが重なり、この回に一挙5点を奪った。

 松本裕は5回2安打3奪三振3四球無失点で降板。6回から石川が2イニングを無失点に抑えると、3番手の武田も無失点。8回に打線が2点を奪取。9回はモイネロが抑え、快勝した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)