西武、9回に2点差逆転でサヨナラ勝ち 秋山が同点打&二盗→山川が劇的一打

西武、9回に2点差逆転でサヨナラ勝ち 秋山が同点打&二盗→山川が劇的一打

6回にタイムリーを放った西武・森【画像提供:(C)PLM】

首位の底力を見せつける劇的勝利

■西武 5-4 楽天(29日・県営大宮)

 パ・リーグ首位の西武は29日、楽天戦で9回に3点を奪い、5-4でサヨナラ勝ちした。

 西武は1点を追う6回に森のタイムリーで同点に追いつくも、7回に先発・榎田が内田に2ラン、田中にソロを浴びて3失点。終盤に入って勝ち越されてしまう。

 しかし、8回に中村の犠飛で1点を返すと、9回はハーマンから秋山が同点タイムリー。土壇場で追いついた。さらに、秋山が二盗に成功すると、2死から山川がライトへサヨナラ打。最終回に一気に3点を奪い、劇的な勝利をもぎ取った。

 首位の底力を見せつけて2連勝。ソフトバンクが猛追を見せる中、優勝へ向けて着実に前に進んでいる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)