【MLB】「今季最も滑らかなプレー」!? 苦しむド軍守護神、華麗な“背面捕球”で危機脱出

【MLB】「今季最も滑らかなプレー」!? 苦しむド軍守護神、華麗な“背面捕球”で危機脱出

ドジャースのケンリー・ジャンセン【写真:Getty Images】

不整脈から復帰後は不調のジャンセン、2失点後に自らの美技でゲームセット

 メジャー屈指の守護神として知られるドジャースのケンリー・ジャンセン投手が、28日(日本時間29日)の本拠地レンジャーズ戦で華麗な背面キャッチを見せた。併殺へとつなげる美技をMLB公式インスタグラムも動画付きで紹介しており、ファンからは「今シーズン最も滑らかなプレー」との声もあがっている。

 不整脈からの復帰後、らしくない投球が続いているジャンセン。この日は8-2とセーブがつかない場面での登板となったが、1死満塁のピンチを背負うと、グスマンに2点タイムリーを浴びた。

 なおも1死一、二塁のピンチ。ここで“ビッグプレー”が飛び出した。秋信守のピッチャー返しはセンターに抜けると思われたが、ジャンセンが背中側にグラブを出して、ワンバウンドでキャッチ。平然とした顔ですぐに二塁へ投げると、ボールは一塁に送られてダブルプレー。8-4でゲームセットとなった。

 抜けていればさらに1点を失い、なおもピンチが続いていた。4試合連続失点と苦しむ自分自身を救う美技となった。

 MLB公式インスタグラムは「君、洒落てるじゃないか」との文言を添えて動画を公開。場面が場面だっただけに、興奮したファンは多かったようだ。フォロワーからは称賛の声があがっている。

「おぉぉぉぉぉ、なんてことだ」

「ナイスプレー、ケンリー!!!」

「クールだね」

「今シーズン最もなめらかなプレー」

「素晴らしい」

「ジャンセンは現在、認可されたマジシャンなのか?」

「凄くいい」

「あれは最高だね」

 この日は1回2失点で防御率は3.09と5月以来の3点台に乗ってしまったが、逆転優勝へ絶対守護神の完全復活は必要不可欠。美技からきっかけをつかみたいところだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)