【MLB】エンゼルスの主砲プホルスが左膝手術 今シーズンの残り試合は欠場へ

【MLB】エンゼルスの主砲プホルスが左膝手術 今シーズンの残り試合は欠場へ

エンゼルスのアルバート・プホルス【写真:AP】

大谷の加入に伴い今季は一塁に“復帰”、5月には通算3000安打を達成

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手が29日(日本時間30日)に左膝の手術を受けたため、今季残りシーズンは出場しないことが確実となった。MLB公式サイトが報じている。

 38歳のプホルスは今季ここまで117試合に出場し、打率.245、19本塁打、64打点をマーク。5月には史上32人目の通算3000本安打も達成していた。しかし、7月には左膝の炎症で故障者リスト(DL)入りするなど、コンディションに問題を抱えていた。

 MLB公式サイトはこの日、「プホルスが膝の手術を受け、残りのシーズンから離脱する可能性が高い」とのタイトルでレポート。「エンゼルスの一塁手であるアルバート・プホルスは水曜日に左膝の関節鏡視下手術を受け、残りの今シーズンに出場できないことが予想される」と伝えた。一般的に復帰までは6〜8週間を要するという。

 プホルスは近年DHでの出場がほとんどだったが、大谷が加入した今季は本職の一塁に“復帰“。本人は一塁の守備に就くことを強く望んでいたため、開幕前から精力的に守備練習にも取り組んでいた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)