パ史上初の珍事の可能性!? 最下位・楽天がチーム防御率リーグトップに“肉薄”

パ史上初の珍事の可能性!? 最下位・楽天がチーム防御率リーグトップに“肉薄”

楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】

パ・リーグで“逆転現象”、楽天は投手力を生かして最下位脱出なるか

 パ・リーグ最下位に沈む楽天だが、チーム防御率はリーグトップ(オリックスの3.69)にわずか0.01差の3.70。首位を走る西武がチーム防御率リーグ最下位の4.35と“逆転”現象が起こっている。

 楽天の投手陣を見ると、岸孝之がリーグトップの防御率2.47を記録し、則本昂大はリーグ9位の4.05だ。規定投球回に到達していないが、主に先発を務める辛島航が3.33、美馬学が4.56、古川侑利が3.93、塩見貴洋が3.56。突出した防御率を残しているのは岸のみだ。

 一方で救援陣は松井裕樹が4.25だが、高梨雄平が2.29、ハーマンが1.99、青山浩二が2.18、宋家豪が2.05と非常に安定している。救援陣の安定がチーム防御率のアップに貢献しているといえそうだ。

 では、最近10年間で最下位のチームがチーム防御率トップに立ったケースはあったのだろうか……。調べてみると直近の10年間でリーグ最下位だった球団が、チーム防御率トップに立ったケースは一度もなく、2010年の楽天がチーム防御率3.40でリーグ4位という成績が最高だった。2009年のオリックス、2011年のロッテ、2012年のオリックス、2015年の楽天、2016年のオリックス、2017年のロッテは、リーグ順位通りチーム防御率も最下位だった。

過去にリーグ最下位でチーム防御率トップだったチームはなし

 さらにさかのぼっても、1998年のロッテ、2002年のオリックスのチーム防御率リーグ2位が最高で、パ・リーグではリーグ最下位でチーム防御率トップだったというチームは過去に存在しない。楽天は史上初の珍事を達成するのか。それとも投手力が安定し、上位に進出していくのだろうか……。今後の楽天投手陣、そしてチームの成績から目が離せない。

▽リーグ最下位チームのチーム防御率
1950年 3.85 近鉄(5位)
1951年 3.13 近鉄(3位)
1952年 4.06 近鉄(7位)
1953年 2.93 近鉄(3位)
1954年 3.53 大映(7位)
1955年 3.94 トンボ(8位)
1956年 3.26 高橋(8位)
1957年 3.63 大映(7位)
1958年 4.04 近鉄(6位)
1959年 3.68 近鉄(6位)
1960年 3.61 近鉄(6位)
1961年 3.96 近鉄(6位)
1962年 3.40 近鉄(5位)
1963年 3.69 阪急(6位)
1964年 3.63 近鉄(6位)
1965年 3.61 近鉄(6位)
1966年 3.60 近鉄(6位)
1967年 3.83 近鉄(6位)
1968年 3.97 東映(6位)
1969年 3.56 南海(6位)
1970年 4.12 西鉄(5位)
1971年 4.31 西鉄(6位)
1972年 4.12 西鉄(5位)
1973年 3.83 近鉄(5位)
1974年 4.11 日本ハム(6位)
1975年 3.89 日本ハム(6位)
1976年 4.08 太平洋(6位)
1977年 4.27 クラウンライター(6位)
1978年 4.01 南海(5位)
1979年 4.60 西武(5位)
1980年 5.63 南海(6位)
1981年 4.10 近鉄(4位)
1982年 4.05 南海(4位)
1983年 5.12 ロッテ(6位)
1984年 4.98 日本ハム(6位)
1985年 5.05 南海(5位)
1986年 4.46 南海(6位)
1987年 4.22 近鉄(6位)
1988年 4.38 ロッテ(6位)
1989年 4.50 ロッテ(5位)
1990年 5.56 ダイエー(6位)
1991年 4.23 ロッテ(5位)
1992年 3.82 ロッテ(4位)
1993年 4.22 ダイエー(6位)
1994年 4.62 日本ハム(6位)
1995年 3.97 近鉄(5位)
1996年 4.04 ダイエー(6位)
1997年 3.84 ロッテ(4位)
1998年 3.70 ロッテ(2位)
1999年 4.54 近鉄(6位)
2000年 4.66 近鉄(4位)
2001年 4.79 日本ハム(5位)
2002年 3.58 オリックス(2位)
2003年 5.95 オリックス(6位)
2004年 5.66 オリックス(6位)
2005年 5.67 楽天(6位)
2006年 4.30 楽天(6位)
2007年 3.67 オリックス(4位)
2008年 4.05 ソフトバンク(5位)
2009年 4.58 オリックス(6位) 
2010年 3.98 楽天(4位)
2011年 3.40 ロッテ(6位)
2012年 3.34 オリックス(6位)
2013年 3.74 日本ハム(5位)
2014年 3.97 楽天(5位)
2015年 3.82 楽天(6位)
2016年 4.18 オリックス(6位)
2017年 4.22 ロッテ(6位)
※()はチーム防御率の順位(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)