オリックス新オーダーで初回に3点奪い逆転 負ければ自力CS消滅の危機

オリックス新オーダーで初回に3点奪い逆転 負ければ自力CS消滅の危機

オリックス対日本ハムの試合経過

初回にロメロの犠飛、中島、安達のタイムリーで一挙3点奪う

■オリックス – 日本ハム(30日・京セラドーム)

 オリックスの超攻撃型オーダーが初回から爆発した。ロメロの犠飛、中島、安達のタイムリーで一挙3点を奪い逆転に成功。

 1点を追う初回。先頭の福田が右翼線二塁打、続く小田の送りバントが野選となり無死一、三塁。続くロメロが右犠飛を放ち同点に追いつくと1死一、二塁から中島が左翼線へタイムリー二塁打、続く安達が右前タイムリーを放ち一挙3点を奪い逆転に成功した。

 この日はロメロ、吉田正、中島のクリーンアップに6番に安達を挟み7番・マレーロ、8番・T-岡田と攻撃型オーダーを組んでいた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)