日本ハム村田が1回持たずKO 逆転許し2/3回、3安打3失点で降板

日本ハム村田が1回持たずKO 逆転許し2/3回、3安打3失点で降板

オリックス対日本ハムの試合経過

1点の援護を受けマウンドに上がるも3点失い逆転許す

■オリックス – 日本ハム(30日・京セラドーム)

 日本ハムの村田透が30日、敵地オリックス戦に先発したが初回を投げ切ることなく降板となった。

 味方打線が1点を先制して迎えたその裏。先頭の福田に右翼線二塁打、続く小田の送りバントが野選となり死一、三塁のピンチを招いた。

 続くロメロには右犠飛を浴び同点とされると、吉田正に四球を与え1死一、二塁から中島に左翼線へタイムリー二塁打を浴び逆転を許すと、続く安達には右前タイムリーを浴び3点目を失う。マレーロを空振り三振に打ち取った所で降板となった。2番手には加藤がマウンドに上がった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)