中日ビシエド、月間46安打のセ記録に並ぶ イチローのNPB記録にあと2

中日ビシエド、月間46安打のセ記録に並ぶ イチローのNPB記録にあと2

中日・ビシエドが月間46安打でセ・リーグ記録に並ぶ

8月は96打数46安打、打率は驚異の.479

■DeNA – 中日(30日・横浜)

 中日のダヤン・ビシエド内野手が、月間安打のセ・リーグ記録に並んだ。30日、敵地・横浜スタジアムで行われたDeNA戦。7回の第3打席で右翼フェンス直撃の安打を放ち、8月の月間安打が46安打に。2013年8月に元巨人の村田修一(BCリーグ栃木)がマークしたセ・リーグ記録に肩を並べた。

 2回の第2打席で左前安打を放ったビシエドは、4点のビハインドとなった5回先頭での第2打席は三塁への内野安打。一塁へ全力疾走して、なんとかヒットとした。さらに、7回の第3打席でもDeNA先発の東から右翼フェンス直撃の安打を放った。3打数3安打の大当たりで、これで8月は25試合で96打数46安打。月間打率は驚異の.479となった。

 月間安打の日本記録は1996年8月にイチロー(当時オリックス)が記録した48安打。これにも残り2安打となった。中日は8月は、31日の巨人戦(ナゴヤD)の1試合を残している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)