阪神、甲子園に戻って3連敗 3試合でわずか3得点 ヤクルトは5連勝

阪神、甲子園に戻って3連敗 3試合でわずか3得点 ヤクルトは5連勝

阪神対ヤクルトの試合結果

先発の才木は7回途中2失点と粘りの投球も…

■ヤクルト 3-1 阪神(30日・甲子園)

 阪神が本拠地・甲子園で痛恨の3連敗を喫した。30日のヤクルト戦。先発の才木が7回途中まで2失点と粘りの投球を見せながら、打線が1点しか奪えずに見殺しに。高校野球が終わり、戻ってきた甲子園で3連敗を喫した。

 才木はヤクルト打線に4つの四球を与えたものの、4安打に抑え込む粘投を見せた。5回に坂口の中犠飛、7回には四球からピンチを招き、青木に左前適時打を浴びて2点目を失ったが、それでも7回途中2失点と及第点の投球だった。

 だが、打線がヤクルト先発の山中に翻弄され、7回までわずか4安打。5回には糸原の中飛で、三塁走者の鳥谷が生還する前に、三塁で二塁走者・梅野が刺される珍プレーが起きた。8回1死二塁で糸原の右前安打を右翼雄平が後逸して1点を返したものの、その後の1死満塁の絶好機で糸井、ナバーロが凡退した。

 ヤクルトは5連勝で2位の座をがっちりとキープした。わずか6安打ながら、坂口の中犠飛と適時打、青木の適時打で奪った3点を、先発の山中が守り抜いた。サブマリン右腕は8回途中まで投げ7安打1失点で今季初勝利。2番手梅野がピンチで好救援を見せて、逃げ切りに成功した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)