【MLB】大谷翔平、第4打席で初球を捉え中前打 暴投、ボークで5点目のホーム踏む

【MLB】大谷翔平、第4打席で初球を捉え中前打 暴投、ボークで5点目のホーム踏む

痛烈な中前打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第3打席は四球を選びシモンズのタイムリーで一塁から一気に生還

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、敵地アストロズ戦に「5番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場。第1打席は二ゴロ、第2打席は空振り三振、第3打席は四球、第4打席で中前打を放った。

 相手先発はサイ・ヤング賞右腕のジャスティン・バーランダーで今季4度目の対戦となった。2回の第1打席は二塁手アルトゥーベの好守に阻まれ二ゴロ、4回の第2打席は3球三振に倒れた。

 エンゼルスは6回。1死一、三塁からアップトンの右前タイムリーで先制。1死一、二塁で大谷の第3打席を迎えた場面でバーランダーは降板。2番手には左腕シップがマウンドに上がった。大谷は四球を選ぶと続くシモンズが1死満塁から左中間へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、大谷は一塁から快足を飛ばし一気に生還した。

 8回、大谷は第4打席で右腕デベンスキーと対戦。1死走者なしから初球を叩き中前打を放った。続くシモンズの安打で一、二塁とすると暴投で進塁。さらに相手投手のボークで5点目のホームを踏んだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)