【侍U-18代表】大阪桐蔭・藤原が驚異の“左前”二塁打 快足ぶりにスタンドどよめく

【侍U-18代表】大阪桐蔭・藤原が驚異の“左前”二塁打 快足ぶりにスタンドどよめく

第1打席で左前二塁打を放った侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:Getty Images】

続く小園の右前適時打で先制のホームを踏む

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む高校野球日本代表の侍ジャパンU-18代表は31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校野球選抜と壮行試合を行い、1番で起用された藤原恭大(大阪桐蔭)がいきなり魅せた。

 初回、先頭打者として打席に入ると、その初球だった。宮崎選抜の先発・林田蓮(ウルスラ)のカーブを捉えると、打球は遊撃のすぐ左を抜け、左前に。ここで藤原が好判断を見せる。一気に加速すると、二塁まで到達。驚愕の左前二塁打に、スタンドに詰めかけたファンからもどよめきが起きた。

 続く小園海斗(報徳学園)の一塁ベースに直撃する右前安打で一気に本塁へと生還。侍ジャパンU-18が幸先良く先制。さらに2死から野尻幸輝(木更津総合)が左中間を破る適時三塁打を放ち、2点目を奪った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)