【侍U-18代表】先発の木更津総合・野尻は2回完全 3回からは高岡商・山田が登板

【侍U-18代表】先発の木更津総合・野尻は2回完全 3回からは高岡商・山田が登板

2回を完全投球と好投した侍ジャパンU-18代表・野尻幸輝【写真:Getty Images】

2回で3つの三振を奪う好投を見せ、3回からは一塁に

 9月3日から宮崎市内で行われる「第12回 BFA U18アジア選手権」に臨む高校野球日本代表の侍ジャパンU-18代表は31日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で宮崎県高校野球選抜と壮行試合を行った。侍ジャパンU-18の先発マウンドに上がった野尻幸輝(木更津総合)は2回をパーフェクトに抑える好投を見せ、大会に向けて万全の仕上がりを見せた。

 初回、先頭の清田(宮崎日大)を遊ゴロに打ち取ると、続く中原(日南学園)、伊藤(宮崎日大)を連続空振り三振に斬った。2回は林田昂(日章学園)を遊ゴロ、小幡(延岡学園)を空振り三振、斎藤(鵬翔)を右飛と2イニング続けて3者凡退に打ち取った。

 野尻は2回でマウンドを降り、3回からは一塁へ。1人の走者も出さない完全投球で降板し、2番手で山田龍聖(高岡商)がマウンドに上がった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)